フロアコーティングのトラブルについて

この記事をお読みの皆様は様々なリサーチをしてきたことでしょう。

フロアコーティングをする際にトラブルに遭わないために必要なことや、業者選びなど、いい方向に進めるにはどうしたらいいかのようなHOW TOの記事。

しかし、その逆のどんなリスクや発生しうるトラブルがあるかなどは確認しましたでしょうか。

本日はそのトラブルについてご紹介させていただきます。

まずは準備段階についてのトラブルですが、広告やウェブサイト・または見積もり時に見せられた額と大幅に違うケース。

これは簡単に言うとオプションなどをどんどんつけられてしまい、予想額より大幅に違ってきてしまったケースです。

次に施行中のトラブルについてですが、トレーニング不足のスタッフに家に傷をつけられてしまったり、下地処理に失敗されてしまい、フロアコーティングを再度しなくてはいけなくなってしまった場合です。

両方とも自分は何も悪くないのに、こんな状態になってしまうのは最悪ですよね。

次に施行直後のトラブルですが、塗料の臭いで近所に迷惑をかけてしまったり、マスキンテープの張り方が悪くて壁の木部が剥がれてしまったというケース。

これも業者側のミスにもかかわらずあまり対応してくれないところもございます。

数ヶ月が経過してからのトラブルについてですが、コーティングがすぐに剥がれ始めたり、ムラやひびが入り始めたりなどがあります。

ペットの引っかき傷や業者がちゃんと無償ケアをやってくれないなど様々です。

このようなことを頭に入れときながらしっかりと業者と契約を交わしましょう。